読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強きらい、ゲームしょ…

ポケモンだったり艦これだったりをやってます。気が向いたら更新するゆるいところ。

劇場版ラブライブ!について~prologue~

 6/28、なかなか時間が取れず見に行けていなかった劇場版ラブライブ!をようやく見ることができました。

 劇場版見終わったら感想を書くっていうのを某所で言ってしまったので私なりの感想だったり意見だったりっていうのを稚拙ながらではありますが書き連ねて行こうと思います。このブログの初記事がこんなものになってしまったことについては反省はしていないです

 

 その前提として、このprologueということで私がラブライブ!という作品のどういうところに魅力を感じて応援してきたか、等を簡単にですが書いておきたいと思います。

 

まずこの作品との出会いについて。

 およそ3年前の1月ですかね、ラブライブ!1期が放送されたときにこの作品に出会いました。最初は、この作品に対してあまりいい印象を持っていませんでした。まぁなんだ「アイマスのパクリじゃん」とかいう程度の先入観ですね。ですが実際に見てみないとそんなこと思ってはいけないということで、よくある”3話まで見てから判断しよう”となるわけです。

 で、実際に(溜め録りしてたのを消化するために)見てみると、1話自体にそこまで引き込まれたかというとそうでもなかったんですよね。ただOPを見た時点で「あ、この3人可愛いな」っていうのはありましたし、曲についても「まぁなかなかやるじゃん(謎の上から目線)」って生意気にも思ってたわけです。ですが、あるシーンで一気に引き込まれました。

 それは音楽室でのシーン。西木野真姫ちゃんという女の子がピアノの弾き語りで「愛してる、ばんざーい!」を歌っているのを聞いて、私は「あっ、この作品にはこんな素敵な曲があるんだ」と感じました。

 私事ではありますが、幼少期よりピアノを習っており、高校~大学1年までバンドで音楽をやっていたこともあって、他のアニメーション作品についても音楽から入るってことは多々あったわけです。その一例がラブライブ!でした。

 で、「この作品を見ていけばいい音楽をたくさん聞けるんだ」となり、一気に3話まで見ました。そして3話。ここでラブライブ!に引き込まれる人は沢山いるんだろうと思いますが、私もその一人でした。そして、3話を見終わったあと、すぐにAmazonでBestアルバムを購入しました。これは迷いがなかったですね。

 その後、ニコ動にUPされていたBD特典の2nd Live映像を見て、感動してBDを全巻購入するために夜勤を始め、どっぷりと浸かっていきました。

 

 …結局なにが言いたいかっていうと、音楽がよかったことで本編にも興味が出て、3話で一気に引き込まれたってだけです文章長くて読みにくい。

 

 LIVEについては私は3rdをLV、4thを現地(両日当選していたが2日目は翌日の試験のため断念)、5thをLVにて参加しました。やはり印象に残っているのは3rdで、これが今までの中で未だに一番感動しましたね。4thは大雪の中での開催だったですがそんなの関係ないと言わんばかりの盛り上がりでした。

 体感なのですが、秋にあったラブライブ!1期の再放送でグーンと人気が沸騰した感じがありますよね。11月あたりになるとどこのアニメショップでもグッズが売り切れが出ていたりしていた印象です。それまでは普通に買えていたものが急に買えなくなってびっくりした覚えがあります。

 

 その後2期も放送され、映画化につながっていくわけですが(この間の出来事も書いてたけど書いてたら愚痴になったからカット)、映画の話はまた次の記事で。たぶん1週間以内に書きます。まぁ頭の中でまとまったら書こうかなと。

 

まとまりのない文章になってしまいましたが、最後に、私の推しは絢瀬絵里ちゃんです。愛してます。

 

 

(補足)

記事中盤で書いてた最初に気に入った3人、それは絵里ちゃん、真姫ちゃん、穂乃果ちゃんでした。この3人は未だに私の中でのトップ3です。